My Technics

MENU

PHP
python
幻の名盤・名曲
SEO
アルゴリズム
WordPress
WordPressプラグイン制作
HTML・CSS
GAME

【無料】絞り込み検索フォーム・プラグインMy Tech Item Manager【WordPress】2018年1月29日

↑「My Tech Item Manager2」についてはこちらへどうぞ

   

①絞り込み検索フォームプラグイン「My Tech Item Manager」

WordPressで使用できる絞り込み検索フォーム機能付きの商品管理プラグインを開発しました。

その名も「My Tech Item Manager」です。

私のレコードコレクションを自慢するために開発したのですが、、

アイテム登録機能と絞り出し検索フォーム機能がついているので、アフィリエイトサイトなどでも使用できるかと思います。

ダウンロードはGit Hubからお願いします。

 

Git Hubからダウンロードする方法はコチラ

プラグインの絞り込み検索フォーム機能画面

↑絞り込み検索フォーム機能はショートコードを投稿画面や固定ページの本文に貼り付ければ出力されます。

 

WordPressテーマ「TWENTY SEVENTEEN」で使用してみたデモページはコチラから

https://demo01.work

 

レコードコレクションのページはコチラから

https://ang.tokyo/my-vilyl-collection/

   

※<h2><h3>タグについているレコード画像はプラグインには付いていません。

②wordPress管理画面側

プラグイン管理画面側1

カスタムフィールドを使用した「アイテム情報」の登録画面では商品の特徴などを6項目登録できるようになっています。

項目(テキスト)は全アイテムの共通項になっているので、別ページ(サブメニュー)検索アイテム(項目)の設定でまとめて入力します。

プラグインのサブメニュー画面

③星マークの5段階評価

100点満点評価は公開ページでの星マークでの評価へ反映される仕組みとなっています。

星の数は以下のような設定になっています。

  • 0〜20(100点満点評価) ⇨ 星1個
  • 21〜40 ⇨ 星2個
  • 41〜60 ⇨ 星3個
  • 61〜80 ⇨ 星4個
  • 81〜100 ⇨ 星5個
また、絞り込み検索フォームを使用していない標準の状態では、100点満点評価の高い順にアイテムが表示されます。     プラグイン管理画面側2

↑「URL」へ登録したアドレスは、絞り込み検索フォーム公開ページで商品ごとの「⇨詳細を見る」のリンクに使用できます。↓

URLリンク

当サイトではWikipediaへリンクしてありますが、アフィリエイトサイトなら直接アフィリリンクを貼ってもOK、

もしくは自サイト内の商品紹介ページへ飛ばしても良いかと思われます。

価格・新商品・都道府県の入力欄は作ってみたものの、現在はまだ機能していません。

④絞り込み検索フォーム機能

プラグイン管理画面側1

段階評価のシステムです。0点のアイテムは絞り出し検索で弾かれます。

また絞り出し検索対象の評価ポイントの合算が大きい値のアイテムが先に出力される設定になっています。

(例)

A商品[①1、②5、③0、④5、⑤5、⑥5] 6項目の合計は21ポイント

B商品[①4、②2、③1、④6、⑤4、⑥3]6項目の合計は20ポイント

C商品[①5、②3、③1、④1、⑤1、⑥4]6項目の合計は15ポイント

 

検索項目に①③にチェックを入れ検索した場合。

Aのポイントは3、Bのポイントは5、Cのポイントは6、

そしてAの③のポイントは0なのでAは弾かれ、C ⇨ B の順に出力されます。

 

※絞り込み検索フォームを使用していない標準の状態では、100点満点評価の高い順にアイテムが表示されます。

絞り込み要素の項目は全アイテムの共通項となっているので、アイテム登録ページからではなくサブメニューの【検索アイテム(項目)の設定】から登録する仕組みになっています。

⑤検索アイテム(項目)の設定は出力チェックの切り替えで0〜6種類まで可能

  プラグインのサブメニュー

WordPress管理画面の左側「Item Manager」のサブメニュー【検索アイテム(項目)の設定】を選択すると下の画面に切り替わります。

  プラグインのサブメニュー画面

上の画像のように入力すると、公開側では下の画像のように出力されます。

6個も絞り出し項目がいらない場合は、出力チェックのチェックマークを外せば出力されません。

WordPress公開側画面

また、PHPファイルの操作ができない方も使えるように[my_tech_items_search]というショートコードを投稿ページや固定ページの本文に貼れば検索フォームと商品一覧がコンテンツとして出力されるようにしました。

  絞り込み検索フォームの出力はショートコードで

⑥絞り込み検索フォーム「my-tech-item-manager」のダウンロード方法

↑Git Hubへいきます。右上の丸で囲んである「clone or download」をクリックします。

↑のように「clone or download」の下に小窓が開くので、「Download ZIP」をクリックすると「my-tech-item-manager-master」という名前のフォルダがダウンロードされます。

フォルダ名から「-master」の部分を取り除き「my-tech-item-manager」というフォルダをwp-contentのpluginsディレクトリに入れて下さい。

あとは、プラグインを有効化すれば「my-tech-item-manager」が管理画面の左側の欄へ現れます。

 

Git Hubのダウンロードページへ

プラグインに関してのお問い合わせは、コチラからどうぞ。

↑「My Tech Item Manager2」についてはこちらへどうぞ

 

>>>他のItemManagerも見てみる