WordPress 絞り込み検索プラグイン

絞り込み検索フォーム1 WordPree絞り込み検索プラグイン

WordPress用絞り込み検索プラグイン「Ang-Item-Manager2」

2020.8.14(Fri) Ang-Item-Manager2 ベータ版リリース

Ang-Item-Managerシリーズ第二弾です。

主な機能

  • 検索フォーム(ショートコードを使い好きなページへ表示)
  • 検索結果(ショートコードを使い好きなページへ表示)
  • アイテム登録(管理画面側より操作)

主な機能は上記3つとなっています。

絞込み検索フォーム

絞込み検索フォームはショートコード([ANG_FORM_1])を投稿ページや固定ページの本文へ入力することで、好きなページに表示させることができます。

PCとスマホで異なった仕様となっています。

PC用絞込み検索フォーム

項目数は最大8つまで表示することが可能です。
1~4項目目はチェックボックス、5~8項目目はプルダウンによる検索となっています。

スマホ用絞込み検索フォーム


同じく項目数は最大8つまで表示することが可能です。
1~8項目目まで全てプルダウンによる検索となっています。

検索結果

検索結果はショートコード([ANG_RESULT_1])を投稿ページや固定ページの本文へ入力することで、好きなページに表示させることができます。

絞込み検索フォームの下部に表示させることも可能です。

アイテム詳細テーブル

管理画面側で登録したアイテムの詳細情報を表示できます。

アイテムの詳細情報を9つ表示します。選択式でテーブル内の任意の位置へアイテムの情報を表示することが可能です。

↑WP管理画面側から変更することができます。

検索項目①タグ出力

絞込み検索フォームの項目①の選択肢は「こだわらない」を除いて20個まで登録することができます。

各アイテムがその選択肢に該当していた場合は検索結果へタグ表示することができます(非表示にすることも可能)

並び替え項目の選択

デモサイトでは、並び替え項目は以下画像のようになっています。

  1. 評価順(高い順・低い順)
  2. 価格順(高い順・低い順)
  3. 名前順

「3.名前順」については固定表示となっていますが、「1.評価順,2.価格順」については管理画面より設定項目や表示テキストを変更することが可能となっています。

検索フォーム・結果の色を変更可能


WordPressの管理画面より色の変更が可能です。
この機能により、ご自身のWEBサイトのデザインに合わせた絞り込み検索フォーム・結果を表示することができます。
また、GUIなのでCSSの知識がなくても、かんたんに色の変更をすることができます。


上記までが「Ang-Item-Manager2」の説明となっています。

下記リンクより、実際に「Ang-Item-Manager2」を使用したサイトを試すことが可能です。

検索フォーム

・管理画面

https://item-m2.work/wp-admin/
ユーザ名 : user
パスワード : user

WordPress用絞り込み検索プラグイン「Ang-Item-Manager」

2019.12.09(Mon) Ang-Item-Manager バージョン0.0.1 をリリースしました。

絞り込み検索フォームの特徴

プルダウンによる絞り込み

絞り込み検索フォームはプルダウン式で最大7項目表示できます。

絞り込み検索フォーム1

絞り込みの検索フォームを表示するには、WordPressの機能ショートコードを使います。

お好きな投稿ページ・固定ページへ表示することが可能です。

また、絞り込みの検索フォームの項目名や選択肢の文言はWordPress管理画面より自由に変更することが可能となっており、表示する項目を減らすこともできます。

絞り込み検索フォーム2

絞り込み検索フォームの項目変更画面↓

WordPress管理画面1

検索フォームの色を変更可能(管理画面から)


WordPressの管理画面より色の変更が可能です。
この機能により、ご自身のWEBサイトのデザインに合わせた絞り込み検索フォームを表示することができます。
また、GUIなのでCSSの知識がなくても、かんたんに操作する事が可能です。

WordPress用絞り込み検索プラグイン「Ang-Item-Manager」ダウンロード方法

noteより記事を購入いただけると「Ang-Item-Manager」「Ang-Item-Manager2」をダウンロードすることができます。

プラグインに不具合があった場合

プラグインがうまく使えない、その他いろいろわからないことがあれば、こちらから、連絡ください!
ご使用のサーバ、PHPやWordPressのバージョン、画面に表示されているエラーメッセージ等を教えていただけると助かります。

また、プラグインのカスタムについては有料になってしまいますが、お気軽にご相談ください。

当プラグインを管理画面側から使ってみるにはこちら!

コメント