無料DL検索順位チェックツール”Ranking Getz” for iOS

iOS App

検索順位チェックツール”Ranking Getz”について

「Ranking Getz」はApple Storeで無料ダウンロードいただけるiOS用アプリケーションです。

iPhoneやiPadでご使用いただけます。

日々気になる検索エンジンの表示順位をお手軽に取得しグラフ化することができるブログやウェブサイトの運営者様向けに開発したアプリケーションです。

「Ranking Getz」の特徴

  • 登録したキーワードでGoogle検索をして、100位以内までを取得!(グラフ表示時、100位内に発見できなかった場合は×で表示)
  • 日本語ドメインもコード変換しないで、そのまま探すことが可能!
  • App内課金しなくても無料で1日5キーワードまで検索可能です。
  • 取得ランキングのグラフ化は365日前から当日まで(こちらはさらに長い期間対応できるように変更を加える予定です!)

検索順位チェックツール”Ranking Getz” 画面仕様

画面構成は大きく別けて3つ、画面下部にあるメニューバーより選択していただきます。

Ranking Getzメニューバー

図.2-1メニューバー

  • A.サイト・検索順位一覧 → グラフビュー
  • B.サイト(ドメイン)一覧(登録) → 検索キーワード一覧(登録)
  • C.検索システム「Search System」

A.サイト・検索順位一覧 → グラフビュー

サイトデータ(ドメイン)や検索キーワード未登録時は上図(2-1)のようにタイトルとメニューバー以外は何も表示されていません。

サイトデータ(ドメイン)や検索キーワード登録し、検索順位を取得すると下図(2-2)のようなイメージになります。

Ranking Getz画面1

図.2-2

  • D.ドメイン名‥‥こちらに表示されているドメインの検索順位を探します。
  • E.メモ‥‥サイト名などメモに使う部分ですが、自由に使うことができます。未入力でも構いません。
  • F.検索キーワード‥‥このキーワードのGoogle検索結果に対し、「D」で指定したドメイン名を探します。
  • G.検索順位‥‥「F」で取得された検索結果を本日から3日分表示します。
  • H.サイト(ドメイン)とその検索キーワード、取得された順位‥‥一つのサイト(ドメイン)ごとに探していきたいキーワードを入力していきます。こちらでは、それらを1ブロック単位として表示しています。

そして、キーワードのセルをタップすると、そのキーワードで取得された検索順位のグラフビューへと移ります。

図.2-3

B.サイト(ドメイン)登録 → 検索キーワード登録

サイト(ドメイン)登録画面

図(2-1)メニューバー真ん中Bのボタンをタップすると「サイト(ドメイン)一覧画面」へと移ります。

図.2-5

  • I.編集ボタン‥‥表示されているサイトのセルの並び順を入れ替えたり、削除するモードに入ります。
    ※削除すると、このサイト(ドメイン)に紐づいたキーワードと、その検索順位データ全てが消去されてしまうので気をつけてください。
  • J.サイトデータ(ドメイン名・メモ)‥‥「図.2-2のF・Gと同じです。」
  • K.サイト登録ボタン‥‥タップすると、サイトデータ入力画面へと移ります。

サイトデータ入力画面

図.2-6

  • L.ドメイン名入力欄‥‥あなたのお持ちのサイト、検索順位を探したいドメイン名を入力します。
    ※日本語ドメインもコード変換せずにそのまま入力してください。
  • M.メモ‥‥入力は任意です。ご自由にお使いください。
  • N.Doneボタン‥‥決定ボタンです。
  • O.Cancelボタン‥‥ドメイン登録をち中止して、一つ前の画面(サイト(ドメイン)一覧画面)へ戻ります。

検索キーワード登録画面

図.2-7

  • P.戻るボタン‥‥一つ前の画面(サイト(ドメイン)登録画面)へ戻ります。
  • Q.編集ボタン‥‥表示されているキーワードのセルの並び順を入れ替えたり、削除するモードに入ります。
    ※削除すると今まで取得した検索順位データも消去されてしまうので気をつけてください。
  • R.キーワード・本日検索順位‥‥画面上部中央に表示されたドメイン(この場合はdragonball.news)を探すためのキーワードと本日の検索順位が表示されたセルです。タップすると対象セルのキーワードのみの検索が可能です。
    ※月額課金無しで検索を行う場合(1日1キーワードのみ)はこちらから検索します。
  • S.Cancelボタン‥‥一つ前の画面(サイト(ドメイン)一覧画面)へ戻ります。

検索キーワード入力画面

図.2-8

  • T.キーワード入力欄‥‥登録したサイト(ドメイン名)の検索順位を探したいキーワードを入力します。
    ※上図2-8ですと「doragonball.news」を探すキーワードを入力します。
    ※二語以上のキーワードで検索したい場合は、スペース区切りで入力します。
  • U.Doneボタン‥‥決定ボタンです。
  • V.Cancelボタン‥‥キーワード登録を中止して、一つ前の画面(キーワード一覧画面)へ戻ります。

C.検索システム「Search System」

図.2-9

  • W.本日の進捗‥‥全登録キーワードに対して、本日の検索順位の取得率を示した進捗率表示バー
  • X.登録サイト数‥‥登録したサイト(ドメイン)の合計数
  • Y.登録キーワード数‥‥全登録サイトに対しての全登録キーワード数
  • Z.本日の検索数‥‥「Y」に対して本日取得された検索順位の数
  • a.Runボタン‥‥未検索キーワードを全て検索する検索システムが稼働します。アプリ内課金購入の自動更新登録がされていない場合は購入画面へ進みます。
  • b.最終検索日時‥‥
  • c.国‥‥検索システム利用時のGoogle検索サイトの国が選択できます。※現在、日本とアメリカのみの対応していません。
  • d.アプリ内課金購入 時間更新‥‥アプリ内課金購入の状態が表示されます。自動更新を止める場合は期限の24時間前までにiPhoneの「設定」>「[ユーザ名]」>「iTunes と App Store」から自動更新の解約をします。(※1)
    Apple IDにサインインできておらずアプリ内課金購入の状態が正常に反映されていない場合は「Restore」ボタンをタップするとApple IDにサインインすることができます。

(※1)詳しい解約方法はこちら → Aplleサポート

検索順位チェックツール”Ranking Getz” FAQ

Q.ドメインやキーワードの登録数は最大何件できるの?

ドメインやキーワードの登録数には制限を設けておりません。

ただし、”Ranking Getz”の検索順位自動チェックシステム(バッチ処理)は、Google検索エンジンへ高速にアクセスを繰り返すため、Googleのサーバーは過負荷を防ぐべく一時的(約30分以上)に同一IPからのアクセスに制限をかけます。

一回の自動チェックシステム(バッチ処理)で検索順位をチェックできる数は、ご使用のiPhoneや通信環境によって前後しますが、約50件くらいでしょうか(当方使用時の平均数)。

ですので、1日に1000件以上といった大量処理は難しいです。

また、検索キーワード登録画面[R]よりキーワード個別に検索順位のチェックが可能です。

こちらの方法では、高速にアクセスを繰り返さないため、手間はかかりますがアクセス制限はかけられ難いようです。

もし、大量にキーワードを登録している場合は、特に重要なサイト・キーワードのみ先に個別チェックをしていただき、その後に自動チェックシステム(バッチ処理)をお使いになられると良いかもしれません。

また、同じワードを何度も検索しないように、当日に検索順位がチェック済みのキーワードは、自動チェックシステム(バッチ処理)では検索されない仕組みになっています。

Q.iPhoneを機種変更したいのだけど、データ移行はできないの?

現在、「Ranking Getz」の取得した検索順位のデータ移行は、「iTunes」へバックアップ機能を用いることにより可能となっております。
まずはiTunesをPCで起動し(MacでもWindowsでも可)、複製元の端末を接続してバックアップを取るのですが、データ移行先の端末で復元する際に複製元端末のパスコードが必要となりますので、しっかりこのパスコードが正しいか確認しておきましょう。
パスコードがわからなくなってしまった場合は、以下のサイトを参照してみてください。
https://support.apple.com/ja-jp/HT205220?&cid=acs::fm-itunes_HT205220

また、バックアップの取り方〜復元方法は以下のように行います。

iTunesを起動、複製元の端末を接続する

↑端末を接続すると丸部分にアイコンが表示されるのでクリックします。

バックアップをとる

↑「今すぐバックアップ」をクリックします。

復元したい端末を接続し、復元する

↑「バックアップを復元」をクリックします。

※この時に複製元端末のパスコードを求められるので、あらかじめ控えておきましょう。

また、「iTunes」以外のデータ移行方法については現在検討中です。


コメント