アナログレコード名盤「愛のかけら」伊東きよ子

伊東きよ子、愛のかけら 幻の名盤・名曲

アナログレコード名盤「愛のかけら」伊東きよ子

 

伊東きよ子、愛のかけら

久しぶりに名曲を発掘しました。

伊東きよ子さんという方の「愛のかけら」という曲です。この「愛のかけら」はB面の曲でして、A面は有名な「花と小父さん」という曲です。(作曲・浜口庫之助植木等さん用に作られた曲)

花と小父さん」は有線(たしか70年代チャンネル?)でよく聞いていたので知っていましたが、「愛のかけら」という曲は多分知りませんでした。

愛のかけら、詩

作詞作曲はご本人、伊東きよ子さん。

愛を綴ったさらりとして短い歌詞ですが、とても切ないけど、ほんのり温もりのあるメロディーです。

この年齢(30代後半)になると、音楽や映画で感動することもしばしば減り気味ですが、このメロディーに心がギュッと締めつけられてしまいました。

また、レコード盤の状態があまりよくなく、ちりちりとノイズ音が強めなのですが、それがまたこの曲「愛のかけら」に合っていて、もうここんところ毎日聴いています。

このレコードが発売されたのはもう今から50年も昔。50年の時を経て私を感動に導いてくれた、この17cmのレコードと伊東きよ子さんに感謝です。

 

コメント